シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳
シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳
シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳
シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳
シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳

シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳

関東発
#初級者におすすめ #絶景ゲレンデ #キッズパーク充実

お菓子が人気のスキー場!

野辺山高原に開かれたオシャレなスキー場。
甘いケーキや焼きたてパンに囲まれたお菓子屋さんなどスイーツも充実!

ゲレンデ情報

ゲレンデ情報

現在の積雪情報 https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0106we.htm
標高 1400m〜1780m
コース数 9本
最大斜度 32度
最長滑走距離 1300m
レベル別コース比較 初級:50%
中級:30%
上級:20%
プレイヤー比較 スキー:60%
スノボー:40%
パークアトラクション あり
リフト本数 3

インフォメーション

基本情報

  • [ゲレンデ名]

    シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳

  • [住所]

    〒384-1407 長野県南佐久郡川上村御所平1841

  • [TEL]

    0267-91-1001

  • [営業時間]

    平日8:30~16:30 土日祝8:00~17:00(ナイター日 ~19:00)

  • [オフィシャルサイト]

    http://www.chateraiseresort.co.jp/SKI/

特徴

特徴

スキーマガジン特派員現地レポート【シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳編】

野辺山高原に開かれたオシャレなゲレンデ。スキーセンターにはスイーツも充実

JR小海線の野辺山駅は、日本一標高の高い駅として有名。シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳はその野辺山駅のすぐ近くにあります。こぢんまりとした規模ながら、標高1,400mのベースを中心に開かれているコースは5本あって多彩。初心者から上級者まで技術レベルを問わずに楽しめるスキー場です。

またスキー場の名称にもなっているように、運営しているのはケーキやお菓子を全国展開する「シャトレーゼ」。スキーセンターには数々のスイーツが用意され、休憩タイムのお楽しみも盛りだくさんです。

スキーセンターの目の前から一番長いメインのリフトが延びる

スキーセンターを出ると、すぐ正面はこのスキー場のメインリフトともいえる高速クワッドのバレーリフト(723m)乗り場。

リフトの降り場からは、「バレー1」「バレー2」「バレー3」の3本のコースにそれぞれ滑り込むことができます。最初はなだらかな斜面がえんえんと続くリフト右手のバレー1にGo! 安全のためにもまずは軽い足慣らしから。

バレー2はリフトのすぐ左手。ここはコースの途中、バレー1よりは幾分か斜度があり、中級向きといった感じ。バレー2の奥に並行するバレー3は再び緩やかな斜面構成で、スクールの初級者レッスンなどに好適な印象。途中「わんぱくゲレンデ」もつくられていて、小さな子ども連れのファミリーも安心なコースです。

「ホーン」は斜面変化が面白い。中級レベルはもちろん上級者も楽しめるコース

バレーリフトの右側に架かっているのは「ホーンリフト」と呼ばれる347mのペアリフト。

このリフトを降りて滑り込む「ホーン」は、コースの長さは短いけれど、適度に斜度変化する愉快なコース。

少しスピードに乗れる技術レベルの人ならかなり楽しめるのでは。コース幅も割合広めで、ロングターンのクルージングが快適です。

アルペンはチャレンジしがいのある急斜面

比較的緩やかなコースの多い「シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳」ですが、「アルペン」と呼ばれるコースはガラリと雰囲気が一変。アルペンリフト(683mのペアリフト)の降り場は標高1,620mの地点。そこからは最大斜度32度の急斜面が、まるで衝立のようにストーンと落ち込んでいきます。

しかも、人工降雪機によってガッチリ雪を貼り付けた斜面は硬化し、一部は氷のよう。かなり難易度の高い斜面です。初級者は間違ってもアルペンリフトに乗ってはいけません。

でも、エキスパートスキーヤーorスノーボーダーにとっては絶対に面白い。足に覚えのある人はぜひともチャレンジ!

この地域のその他のゲレンデ