奥利根スノーパーク
奥利根スノーパーク
奥利根スノーパーク
奥利根スノーパーク
奥利根スノーパーク

奥利根スノーパーク

関東発
#初級者から上級者までバランスが良い #横幅がワイド #キッズパーク充実

ボーダにうれしい充実したパークが人気!

初級者から高難度の上級者向きまで、コースバリエーションもさまざま。スキー場のトップからは最長で4kmのロングクルージングが体験できます!

ゲレンデ情報

ゲレンデ情報

現在の積雪情報 https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0074we.htm
標高 550m〜1180m
コース数 10本
最大斜度 33度
最長滑走距離 4000m
レベル別コース比較 初級:30%
中級:40%
上級:30%
プレイヤー比較 スキー:40%
スノボー:60%
パークアトラクション あり
リフト本数 6

インフォメーション

基本情報

  • [ゲレンデ名]

    奥利根スノーパーク

  • [住所]

    〒379-1724 群馬県利根郡みなかみ町向山39

  • [TEL]

    0278-72-8101

  • [営業時間]

    基本 8:00~22:00 金土祝前日 8:00~24:00 土日祝 6:00~22:00

  • [オフィシャルサイト]

    https://okutone.jp/

特徴

特徴

奥利根スノーパークの絶景動画!スキー場PVに注目!

奥利根スノーパークゲレンデ紹介動画です。
カモシカレースのコース紹介映像!

スキーマガジン特派員現地レポート【奥利根スノーパーク編】

レストハウス前のメインゲレンデは急斜面。初級者は迂回コースへ

奥利根スノーパークのメインゲレンデは、ゲートハウスの横の第1リフトA線を上がったところから上部。第1リフトA線を降りると、右手にレストハウス、目の前は「くらししゲレンデ」と呼ばれるとてもワイドな斜面が広がっています。

「くらししゲレンデ」には第2リフトA・B線を利用。ただし、ここは最大斜度30度という急斜面。リフト横にはモーグルバーンがつくられていて完全に中・上級者向きですが、迂回コースも用意されているので、初級者はそちらへ。

その迂回コースをのんびり滑り、レストハウス前まで下っていくと、「万治平ゲレンデ」という広場の上部に到着。ここにはレールなどの簡易なパーク施設が設置されています。
また、レストハウスエリアから最下部のゲートハウスまで下るには、林間コースか林道コースのどちらかをチョイス。林間コースは最後の部分がちょっと急斜面になるので、初級者は林道コース(最大斜度8度)を滑りましょう。

スキー場の中腹、向山ゲレンデはロングターンが気持ちのいい一枚バーン

第2リフトを上がると、奥利根スノーパークの中腹に位置する「向山ゲレンデ」のエリアに到着。ここは最大斜度22度、長さが600mの一枚バーンで、スピードに乗ったカービングのロングターンが快適です。

「向山ゲレンデ」には第3リフトA・B線が架かっていて、リフトの左側は「向山パーク」。結構大きなキッカーなどがつくられているので、スノボの上級者にはチャレンジしがいがあるかも。

滑れる人は、4kmのノンストップ滑走にぜひチャレンジ!

向山ゲレンデの上部は、2016年に新設されたエリア。810mの第4リフトで上がっていくと、標高1,180mのスキー場の最上部に到着。ここからの眺めはなかなかのもので、真っ白な谷川連峰や朝日岳などが望めます。

第4リフトを降りてしばらくは、「ブナの木コース」というなだらかな斜面が続きます。ただ、コースの最後の向山ゲレンデに接続する部分は、斜面が急角度(最大斜度25度)に落ちているので要注意。上級者なら、自然にできたコブ斜面をダイレクトに下っていくと楽しいですが、中級レベルの人はジクザグに切られた迂回ルートを回り込んでい供養にした方が無難です。

そして、このスキー場の醍醐味は、標高1,180mのゲレンデトップから550mの最下部まで、標高差630mのロング滑走。滑走距離は約4kmに及ぶので、ノンストップで一気に滑るとなると技術も体力も必要ですが、滑れる人は気持ちいいこと間違いなしなので、ぜひチャレンジしてみてください。

この地域のその他のゲレンデ