妙高池の平温泉スキー場
妙高池の平温泉スキー場
妙高池の平温泉スキー場
妙高池の平温泉スキー場
妙高池の平温泉スキー場

妙高池の平温泉スキー場

関東発
#初級者におすすめ #中級者におすすめ #横幅がワイド #温泉施設あり #キッズパーク充実

ダウンヒルと超ワイドな自慢の一枚バーン!

3,000mのダウンヒルと超ワイドな自慢の一枚バーン!本格的なアイテムの揃ったパークも人気!

ゲレンデ情報

ゲレンデ情報

現在の積雪情報 https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0168we.htm
標高 759m〜1487m
コース数 10本
最大斜度 30度
最長滑走距離 4000m
レベル別コース比較 初級:45%
中級:45%
上級:10%
プレイヤー比較 スキー:40%
スノボー:60%
パークアトラクション あり
リフト本数 6

インフォメーション

基本情報

  • [ゲレンデ名]

    妙高池の平温泉スキー場

  • [住所]

    〒949-2112 新潟県妙高市関川2457-1

  • [TEL]

    0255-86-2370

  • [営業時間]

    8:30~16:30

  • [オフィシャルサイト]

    http://www.ikenotaira.info/

特徴

特徴

スキーマガジン特派員現地レポート【池の平温泉スキー場編】

妙高山の麓に広がるダウンヒル&ワイドバーンが自慢!

新潟県の妙高高原一帯は、赤倉温泉スキー場をはじめとする古くからのスキーのメッカ。池の平温泉スキー場はそのエリアの一角を成し、昭和の初期にはすでに開設されていたという歴史あるスキー場です。

メインのカヤバゲレンデはとてもワイドな一枚バーンで、連続して滑れる最長滑走距離も約4kmとロングなコース構成。
全体的に中斜面と緩斜面の比率が高く、初~中級者やファミリー層も快適な滑走を満喫できます。

超ワイドなカヤバゲレンデでゆったり快適に滑ろう

日本のスキー場に初めて運輸省(現国土交通省)認可のスキーリフトが登場したのは妙高エリア。赤倉温泉と、そしてこちらの池の平温泉スキー場なんです。戦後間もなくの昭和25年(1950)のことでした。ここはそれほど歴史あるスキー場なのです。池の平温泉スキー場の大きな特徴は、ゲレンデがとにかく広大なこと。メインエリアのカヤバゲレンデは、一番広いところで横幅450mもあるのだとか。

スキー場ベースからカヤバゲレンデに上がる「しらかばカプセルペア」は1,750mとかなりの長さ。リフトを降りて斜面に向かうと、ド~ンとワイドな一枚バーンが眼前に広がます。また、カヤバゲレンデは比較的斜面変化が少なく、全体的に緩やか。初級者もファミリーも安心してゆったり滑ることができます。

だからといって、上級者はツマラナイというわけではありませんよ。何しろ広いのだから、適度にスピードに乗ったロングターンのクルージングはとても快適。距離も長いので、1回のリフト乗車で滑り出がたっぷりあります。
スキーやスノーボードを始めたばかりで、「まだちょっと自信がない」という人は、まずは同じくスキー場のベースに乗り場がある「カラマツペアリフト」(500m)を利用しましょう。やさしい「カラマツコース」の下部で足慣らししていけば、どんどん滑りに自信がついてきますよ。

4kmのロングダウンヒルが楽しめる

「しらかばカプセルペア」を降りて少し下ったところに「池の平中央ペアリフト」(1,296m)が設置されています。池の平温泉スキー場のトップに上がるには、この4人乗りの高速リフトを利用します。トップの標高は1,487m。ベース地点は759mなので、728mもの標高差をイッキに滑ることができるのも池の平温泉スキー場の魅力。コースをつないで連続的に滑り続ければ、4kmほどのロングダウンヒルが可能になります。

トップからは何本かのコースを選ぶことができますが、「ガッシュタイナー」と呼ばれるリフト直下に向かうコース上部の一部分は30度ほどの急斜面。刺激がほしいチャレンジ精神旺盛な人は、ぜひそちらにGo!

一方、「急斜面はイヤ!」という人は、「クワッド」もしくは「ヤッホー」に向かいましょう。「クワッド」はカヤバゲレンデへと続くコースで、「ヤッホー」は隣のエリアの「アルペンブリックゲレンデ」へと滑り降りていきます。いずれも難しすぎない程度の適度な中斜度が続くので、中級レベル以上の技量があればたっぷり楽しめますよ!

ツリーランしたりパークでプレイしたりと、お楽しみバリエーションが豊富

「アルペンブリックゲレンデ」のエリアには、「アルペンブリック第1ペア」(1,134m)と「アルペンブリック第2ペア」(1,161m)が設置され、ゲレンデ上部は中斜面、下部は緩斜面という構成。特に「アルペンブリック第1ペア」沿いの「ハッピーゲレンデ」は平均斜度が8度という緩やかな斜面で、初級者や子ども連れに最適です。

その隣に開かれている「ドリーム」というコースも平均7度の緩斜面。途中には比較的イージーなポックスやレール、サイドインなどが用意されている「Ikenotaira Park」が設置され、初級者もパーク遊びが楽しめます。

「アルペンブリック第2ペア」の両サイドはスキー場のトップから滑り降りてくる「ガッシュタイナー」と「ヤッホー」のコースとなっていて、どちらもロングな中斜面。「ヤッホー」の下部はコースが分岐し、ひとつは32度の急斜面となっています。また、非圧雪のツリーランコースも設定されているので、オフピステ派はどんどんトライ!

この地域のその他のゲレンデ