【野沢温泉スキー場】阿部寛主演映画「疾風ロンド」の舞台を写真付きでロケ地めぐり

※こちらの記事は2017年3月に作成したものです。

スキーマガジン編集部特派員が実際に足を運んで生の声を届ける現地レポート。
今回は東野圭吾さんの大ヒット小説原作、阿部寛さん主演、関ジャニ∞の大倉忠義さん、元AKB48の大島優子さんが出演した映画「疾風ロンド」の舞台となった野沢温泉スキー場です。

◆2018年OPENゲレンデの昨シーズン現地レポートはこちら↓
11月23日OPEN「群馬 たんばらスキーパーク」http://magazine.orion-ski.jp/magazine/archives/586
12月1日OPEN「ハンターマウンテン塩原」 http://magazine.orion-ski.jp/magazine/archives/308​​

「疾風ロンド」 野沢温泉スキー場 ロケ地めぐり

野沢温泉スキー場はスキー場の発祥の地であり、日本屈指の規模を誇るスキー場。

スノーリゾート地域の活性化を目指したスポーツ庁のタイアップ企画として、映画撮影地に野沢温泉スキー場が選ばれました。
スポーツ庁:http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/gyouji/detail/1379433.htm

映画のあらすじなどは割愛します。内容を知りたい方はこちらをご覧ください。
「疾風ロンド」公式サイト:https://youtu.be/xsEIBUto2QE

スキー場のリフト券売り場や観光協会などにもロケ地マップが置かれています

映画の舞台となったゲレンデまでは日影ゴンドラリフトで上ノ平駅、もしくは長坂ゴンドラでやまびこ駅に向かいます。
それでは、ロケ地マップに沿ってめぐってみましょう!

パノラマハウスBUNA
高野家が営むスキー場の食事処「カッコウ」。栗林(阿部寛)の休憩所であり、ゲレンデ捜索の拠点となった場所です。

1階の様子。この時は野沢温泉スキー場や温泉街も半分以上がオーストラリアやフランス人、中国人を中心とした外国人でした。口コミで広がり、海外の方はシェアハウスなどをしながら長期滞在されるそうです

店内には、阿部寛さんが撮影滞在時を語った記事が飾られています

出演者、スタッフ全員揃っての集合写真

パノラマハウスBUNAの2Fの様子

映画内では店看板が「カッコウ CUCKOO」となっています

2.上ノ平フォーリフト

リフト乗り場では、栗林(阿部寛)になりすましたワダ(ムロツヨシ)が、
テディベアの場所を知る川端(前田旺志郎)を連れだしたシーンが撮影されました。

乗り場は上ノ平駅近くにあります

3.パラダイスゲレンデ

生物兵器捜索の初日、スキーに慣れていない栗林(阿部寛)がミハルちゃんの接近によってコケたゲレンデ。

映画でレストランカッコウがある、パラダイスゲレンデ

上ノ平駅近くに上がる、パラダイスフォーリフト

4.上ノ平駅

根津(大倉忠義)などのパトロール隊員が待機する詰所の外観

 

5.水無ゲレンデ

秀人(濱田龍臣)と育美(久保田紗友)がぶつかりそうになって出会った場所。

この日は吹雪という生憎の天気で、滑走不可となっていたため写真はありません。

6.上ノ平ゲレンデ

生物兵器を巡るワダ(ムロツヨシ)と千晶(大島優子)による白熱のチェイス舞台になったゲレンデ。

幅が広くて緩やかなゲレンデで、初心者が練習をするにはベスト

長坂ゴンドラリフトのやまびこ駅

7.長坂管理事務所

救出した栗林(阿部寛)を介抱しつつ、根津(大倉忠義)と千晶(大島優子)が
コース外に出た栗林の事情を聞き出す詰所。

8.テディベアのあった地点

泰鵬大学医科学研究所の元研究員 葛原克也(戸次重幸)が送った脅迫メールに添付されていた
画像に写っているくまのぬいぐるみがあったエリア。

 

ロケ地以外のゲレンデ フォトギャラリー

長坂スキーセンター

長坂スキーセンター。レンタルや着替えなどもできます

長坂ゴンドラ駅

長坂ゴンドラ

長坂ゴンドラリフトからの眺め

長坂ゲレンデ

長坂ゴンドラとフォーリフト

日影ゲレンデ

日影駅前

日影のカベ

まるで海外のスキー場のように外国人スキーヤー&スノボーダーがたくさん

 

いかがでしたか? 撮影した日はあいにくの天気で吹雪いていましたが、それもまたサスペンスの舞台にふさわしい雰囲気を醸し出していました。

すでに映画を見た方は、ぜひ「あのシーンはここだ!」とスキー・スノボをしながら、ロケ地巡りを楽しんでみてください。

*・。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。. .・*