ボーダーとスキーヤー、どちらの個性にも合う楽しいゲレンデ【X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場】

草津白根や志賀高原など、群馬県と長野県にまたがる山岳地帯。その対面にそびえる高社山の中腹に開かれているのが「X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場」です。「X-JAM高井富士」はボーダー向きのパーク施設が充実し、「よませ温泉スキー場」はどちらかといえばスキーヤー向き。2つのゲレンデは連絡コースで結ばれ、相互に行き来することが可能になっています。

テーブルトップやハーフパイプとスノーボーダーにとってうれしい設備が目白押し

高社山は山容が富士山に似ていることから地元では高井富士と呼ばれ、地域のシンボル的存在。「高井富士スキー場」と「よませ温泉スキー場」は、その高社山の中腹に個別に開かれていたゲレンデですが、現在は統合されて「X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場」となり、ビッグなエリアに変貌。それぞれのゲレンデの個性が合わさって、さまざまな志向・技術レベルのスキーヤー&スノーボーダーに人気です。

まずは「X-JAM高井富士」について。ここには日本最大級のパークが設備され、今やスノーボーダーの聖地とも呼ばれています。初心者向きの小さなウェーブから本格的な飛びワザにチャレンジできるテーブルトップやハーフパイプ、またレールなど最大47アイテムが揃い、フリースタイル志向のボーダーにとってうれしいゲレンデです。

2つのスキー場が合体してビッグなエリアに。「X-JAM高井富士」のコース名称が愉快

「スキーセンターシャンテ」は宿泊できる施設。泊まらない人にとっても、レストランはもちろん更衣室、レンタルなどの施設が利用できる

スキーセンター隣接のリフト券売り場にはコースガイドが。まずはここで「どのコースを滑ろうかな」と計画

第1ペアリフト沿い、スキーセンター正面のコースはその名も「なんじゃこりゃ」。滑走距離は約1,000mと長い

「なんじゃこりゃ」はずっと緩斜面が続く初級者天国のイージーバーン

「なんじゃこりゃ」ではジャンプ台やレールも入門者向けのコンパクトなサイズ

「エックスジャムアクセス」という500mのリフト沿いには巨大なパーク施設が!

その名も「イケイケ」と呼ばれるコース。ハーフパイプ、クオーターパイプなどが何本も用意されている

「フリーウォール」や「ダウンスロープ」なら最長2,000mのロング滑走が楽しめる

リフトの周囲には効率的に幾本ものコースが走り、ほぼ全域にわたって圧雪整備が万全。そのためとても滑りやすく、初級者でも安心。中・上級者には、ゲレンデ最上部の「フリーウォール」と「ダウンスロープ」というコースがオススメです。

最大斜度は28度で、特にすごいというほどではないけれど、適度に刺激的な楽しいコース。デキる人ならば、スピードにのって気持ちよく滑るというのもあり。また、ここからボトムまで連続的に滑り込んでいけば、最長2,000mのロング滑走が可能です。

「フリーウォール」は2つの尾根の間の沢を下るコース。リフトを降りた直下が少々斜度キツめ。日陰なので雪質がグッド

「ダウンスロープ」は「フリーウォール」の上の尾根に開かれたコース。日当たり良好で明るい

ゲレンデボトムにはスキーセンターや食堂などがいろいろ

「X-JAM高井富士」ではゲレンデ中腹に食事処はありません。その代わりスキーセンターの2階には和・洋・中の食事が楽しめるレストランシャンテ、本格的ケバブ&ハンバーガーが楽しめるボーダーズBARほか複数のお店があり、食事内容のバリエーションもいろいろ揃っています。

今回、ボリューム満点のハンバーガーもしくは焼きたての肉や野菜をトルティアに包んだケバブをチョイスしたかったのですが、時間切れで行けず、代わりに「レストテラス ウインズ」という店でランチをいただくことに。
店内は明るくゆったりしたテーブル配置。メニューが豊富でお店のご主人やスタッフのホスピタリティーも素晴らしく、しっかりくつろげました。

「レストテラス ウインズ」の店内は天井が高くて開放的。太い木の柱がいい雰囲気を醸し出している

ボリュームたっぷり、甘辛の「カルビ焼肉丼」。800円以上のメニューを注文すると、コーヒーまたは紅茶をサービスしてくれる

サッパリ系スープの「しょうゆラーメン」。地元でつくられたリンゴも美味

【X-JAM高井富士】と【よませ温泉スキー場】を結ぶ林間の連絡コースもいい雰囲気

「X-JAM高井富士」と「よませ温泉スキー場」はリフトと連絡コースで結ばれ、相互に行き来することができます。しかもこのコース、林の中を滑り込んでいくのでかなりいい雰囲気。「よませ温泉スキー場」のほうが高い位置にあり、そこから「X-JAM高井富士」に向かうルートは少し距離があるので、ちょっとしたロング滑走が楽しめちゃいます。ここのコースは「おったまげ」と呼ばれています。

巨大なパークが設備されている「イケイケ」コースに架かるリフト(エックスジャムアクセス)を降りると、「よませ温泉スキー場」への連絡コースにアクセス可能

「よませ温泉スキー場」に至る第3連絡ペアリフト。長さは560m。降りるとすぐに「よませ温泉スキー場」の中腹に滑り込める

【X-JAM高井富士】から一転、ここはアルペンスキーヤーの聖地

「よませ温泉スキー場」をただのローカルスキー場と思うなかれ。かつてスキーワールドカップやオリンピックで活躍した海和俊宏プロは、「よませ温泉スキー場」を拠点にホテルやスキースクールを運営。また同じくオリンピック出場のアルペンレーサー平沢岳選手もここの出身。父親の平沢尚忠プロはSIA(日本プロスキー教師協会)公認の名門「よませパラレルスキースクール」を運営するなど、ここにはすごい人たちがいるんです。

また、SAJ(全日本スキー連盟)公認の北志賀スキースクールよませ校やJTCアルペンスキースクールなども併設。そんなわけで、ここには真剣にスキーがうまくなりたいと燃える人たちがけっこう集まってきています。

ちょっとスキー道場的な側面も感じられますが、そんなに真剣にやりたくない(?)お楽しみ派スキーヤー&スノーボーダーにだって、もちろんここはオススメですよ。

左の建物は「ホテル明幸」。スキーセンターとしても機能し、リフト券の発券や売店、レンタルショップ、更衣室、レストランなどがある

スキー場の最下部は「乙女ゲレンデ」と呼ばれる緩斜面

「乙女ゲレンデ」はワイドなイージーバーン。ここなら初心者やキッズもすぐ上達できそう

「乙女ゲレンデ」の第1ペアリフトを降りると、眼前に「よませ温泉スキー場」のキモともいえる「メインバーン」や「チャンピオン」(左)、「エース」(右)といったコースが広がる

下界が一望。ゲレンデトップからの眺めは文句なし!

第1ペアリフトから第5ペアリフト、そして第3高速ペアリフトを乗り継ぐと「よませ温泉スキー場」のてっぺんに到着。ここからの眺望は「素晴らしい」のひと言。眼下には山ノ内町の街並みが広がり、対面の山の斜面には「北志賀小丸山スキー場」や「竜王スキーパーク」。さらにその先には、はるか先の志賀高原まで望めるんです。

第3高速ペアリフトの直下は急斜面ですが、迂回する初級者コースもあるので、自信のない人も安心。晴れていたら、ぜひゲレンデトップまで来て、この眺望を楽しんでくださいね。

山ノ内町や信州中野の街並みまで遠く見渡せる

反対側の山には北志賀小丸山と竜王の各スキー場が

ひと山隔ててその先に見えるのは志賀高原の一ノ瀬ゲレンデ(左)と高天原ゲレンデ(右)。さらにその右手には横手山も

初級者もゲレンデトップから下れるよう、そのためのコースがちゃんと用意されている

初心者コースはこんな感じ。「プロムナード」と呼ばれ、幅はちょっと狭いけれどずっと緩斜面が続くから安心。ボーゲンでゆっくり下っていくことができる【よませ温泉スキー場】

急斜面もしっかりグル―ミングされているので、快適に滑れる

「よませ温泉スキー場」のコースは全部で13本。ゆったりワイドな緩斜面が広がるスキー場の下部から最大斜度33度の上部まで、そのバリエーションは多彩。連続最長滑走距離も2,000mと、多少足に覚えのあるスキーヤー&ボーダーならば十分満足のいくロング滑走が楽しめます。

上級者は「チャンピオン」と「エース」にチャレンジ。「エース」の下部はポールバーンとなっていて、競技志向のスキーヤーがトレーニングに励んでいます。
中級者におすすめは、1,000mの第2クワッドリフトを降りてから滑り込んでいける「ビッグベアー」「ハミングバード」「シルバーフォックス」「メイプルリーフ」の4本のコース。20度前後の中斜面が長く続き、少し飛ばし気味のロングターンが快適。いずれも下部で合流するレイアウトです。

ポール専用バーンの風景。アルペン競技のトレーニングには最適な環境

スキー場の正面左手に中級者向きコースが並行配置されている

第2クワッドリフトのすぐ横のコースは「ビッグベアー」。日陰で雪質よし

バーンはしっかり圧雪されているので快適

4本の中級コースは下部で合流し、第2クワッドリフト乗り場に続く。各コースを順番に滑っていくというのも楽しい

「レストランあっぷる」は第1ペアリフト終点に立地。ランチやお茶休憩に好適

ホットミルクとココアを注文。滑った後の休憩にはやさしい味のホットドリンクが一番

「乙女ゲレンデ」横に海和プロの拠点「HOTEL KAIWA」。タイムアップを目指すアルペンレーサーが集う

朝発日帰りの短時間滞在でもたっぷり滑りが満喫できるスキー場

オリオンツアーの「X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場」プランには、マイカーによる宿泊プランから朝発日帰りのバススキーツアーまで、さまざまなものが用意されています。北信エリアは山の規模が大きく、何といっても雪質が抜群。首都圏からは少し離れているけれど、「X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場」はとても魅力的。今シーズンのお楽しみに、こちらのプランを検討してみてはいかが?

日帰り・宿泊のバスツアーで「X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場」にいきたい方はこちら↓
オリオンツアー「X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場」プラン
https://www.orion-ski.jp/area/shiga_area/kitashigatakaihuji/

X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場 公式HP
http://x-jam.jp/