温泉とスキーを一度に楽しめる日帰り弾丸ツアーのススメ!

1:信越エリア
都心からのアクセス至便。晴天率も高いお手軽ゲレンデ

都心から高速で2~3時間とアクセスが便利な場所にありながら、雪質や晴天率にも恵まれているこのエリア。なかでも「佐久スキーガーデンパラダ」は、上信越自動車道の佐久平ハイウエイオアシスからそのままアクセスできるという、超コンビニエントスポット。

ゲレンデは南パラダと北パラダの2つに分かれていて、山頂部で連絡しています。さらにうれしいのは、コースの80%が初中級向きである点。整備がよくなだらかなコースで繰り返し滑ることは上達への最短距離。しかも全コース、スノボ滑走が可能です。

帰りには、平尾温泉「みはらしの湯」で、雄大な風景を眺めながら天然温泉を楽しみましょう。ロケーションは佐久平ハイウエイオアシス内なので、ゲレンデから直行できます。露天風呂やサウナのほか温浴施設が充実し、食事処も完備しているので、滑った後の締めくくりには最高です。

長野自動車道佐久平ハイウエイオアシスから直接アクセスできる「佐久スキーガーデンパラダ」

佐久平ハイウエイオアシスにある平尾温泉「みはらしの湯」からは八ヶ岳や北アルプスが望め、その名の通り眺望抜群!

佐久スキーガーデンパラダ https://www.saku-parada.jp/
平尾温泉「みはらしの湯」 https://www.saku-parada.jp/s-access/miharashi-no-yu/

2:上越エリア
都心からアクセス至便な温泉&スキーの元祖

新潟県湯沢地方は、古くからスキーと温泉が密接に結び付いていた土地柄。数多くの名門スキー場がひしめきあう様から「スキー場銀座」と呼ばれた時代もあり、今でもその魅力はまったく色褪せていません。それぞれのスキー場ごとに異なる魅力があり、技術レベルや目的によって最適のゲレンデをチョイスすることができます。

また、ほとんどのスキー場が関越自動車道湯沢インターから数キロ圏内にあるため、アクセスもよく、日帰りバスツアーも多く運行されています。このエリアは、日本の温泉&スキーの元祖のひとつともいえるでしょう。

また、上越地方は国内有数の酒どころ。おみやげに地酒を買って帰るのも忘れずに!

豊富な積雪でシーズンが長く、しかもゴンドラを使ってダイナミックな滑走が楽しめる舞子スノーリゾート

弱アルカリ性の優しい泉質と開放感が魅力。舞子温泉「飯士の湯」
*「飯士の湯」のサイトでは、上の写真が使われていないので、これが「飯士の湯」かどうか不明ですが、付帯の温泉施設はここだけのようなので、間違いないと思います

岩原スキー場 http://www.iwa-ppara.com
岩原観光協会 http://yuzawa.jp/cgi/ks_imgdb.cgi?key_kind=%B2%B9%C0%F4

舞子スノーリゾート https://www.maiko-resort.com/winter/
舞子温泉「飯士の湯」 https://www.maiko-resort.com/hotel/spa.html

上越国際スキー場 http://www.jkokusai.co.jp/ski/
樺野沢温泉 http://www.jkokusai.co.jp/spa

神立高原スキー場 http://www.kandatsu.com
神の湯 http://www.kandatsu.com/godspa.html

湯沢中里スノーリゾート http://www.yuzawa-nakazato.com/winter/
中里スキーセンター大浴場「スパ ベルク」 http://www.yuzawa-nakazato.com/winter/facilities/skicenter.php

3:北信越エリア
雪質抜群、コースも多彩な数々のゲレンデが目白押し

北信州の名峰高社山、そして北信五岳のひとつ斑尾山に開かれたスキー場群は、雪質のよさとコースの面白さでビギナーから超上級者まで高い人気を誇っています。上信越自動車道を利用すれば、首都圏からも日帰りでアクセスできることもあり、バスツアーも多く運行されています。また、各スキー場の付帯施設以外にも、立ち寄り可能な温泉が多いのも特徴。

なんといっても、北信越エリアは活火山の草津白根山の一角。その多くが名湯と言われるほど。 アルカリ泉ほか天然温泉もさまざまな泉質があり、滑った後の疲れを癒すにはもってこいです。

運がよければ、眼下に雲海を見ながらの滑走も可能な竜王スキーパーク

ゲレンデの麓にある「三ヶ月の湯」は、筋肉痛や疲労回復に効用あり!

斑尾高原スキー場 http://www.madarao.jp/ski/
斑尾高原温泉 http://www.madarao.jp/green/index6.html

竜王スキーパーク http://www.ryuoo.com
三ヶ月の湯 http://www.ryuoo.com/snow/facility/

よませ温泉スキー場&X-JAM高井富士 http://x-jam.jp
高井富士乃湯 http://x-jam.jp/facility/#yomase

4:白馬エリア
海外にまで名を轟かす日本有数のスキーエリア

今や世界中のスキーヤーが憧れる場所のひとつとなった白馬。海外にこれほどの知名度を誇るエリアは、日本では北海道のニセコとここだけでしょう。

その理由は、なんといってもゲレンデの雄大さにあります。北アルプスの3000m級の山々から続く急峻な地形を利用したコースは、長野オリンピックのダウンヒルコースにもなったほどの迫力。反面、栂池高原スキー場の「鐘の鳴る丘ゲレンデ」などビギナーの聖地として有名なコースも数多くあります。

付近には古くからの名湯が多いほか、白馬村内にも温泉施設が点在しているので、スキー&スノボの疲れを癒すには最高の環境が整っています!

日本アルピニズム発祥の地、そして世界レベルの山岳リゾートの貫禄を有する白馬エリア

白馬村に点在する温泉施設のなかでも人気の「郷の湯」

白馬八方尾根スキー場 http://www.happo-one.jp
白馬八方温泉 http://www.happo-one.jp/hot-spring

栂池高原スキー場 http://www.tsugaike.gr.jp
栂池温泉 http://www.tsugaike.gr.jp/townguide/hot-spring

白馬岩岳スノーフィールド http://iwatake.jp
白馬姫川温泉「岩岳の湯」 http://iwatake.jp/index.php/facility/spa

鹿島槍スキー場 http://www.kashimayari.net/snow/
空中大展望浴場「ハイランドスパ」 http://www.kashimayari.net/snow/facilities/list

5:尾瀬片品エリア
ダイナミックなロングランが魅力。ゲレンデ施設内には温泉も

関越自動車道の沼田インターからアクセスする尾瀬片品エリアには、多くのスキー場が点在していますが、その最奥部にあるのが丸沼高原スキー場です。日光白根山の西側に開かれたゲレンデは大変雪質がよく、ビギナーでもいつのまにか上達している喜びを味わえます。

ターンする気持ちよさを覚えたら、ゴンドラで標高2000mの山頂まで上がり、一気に麓まで滑るロングランにチャレンジ! そして、仕上げはやっぱり温泉ですね。丸沼高原スキー場のセンターハウス内にある座禅温泉は、湯ノ花が浮かぶ良質の天然温泉です。コースが面白くて雪質がよいスキー場では、知らず知らずのうちに滑走距離が長くなっているもの。一日楽しんだ後は温泉でリラックスし、筋肉疲労を解消すること…。冬の休日、最高の定番プランです!

雪質、晴天率、眺望、コースの充実度、すべてにおいて高いレベルを誇る丸沼高原スキー場

今シーズン、サウナルームを備えてリニューアルした「座禅温泉」

丸沼高原スキー場 https://www.marunuma.jp/winter/
座禅温泉 https://www.marunuma.jp/winter/service/spa/